ゲーム本編ストーリーネタバレ

「ネタバレあり」ロストジャッジメントのストーリー結末を振り返る+感想

Chapter 6「収束熱」

江原と間宮由衣との繋がりが見えてこなかったがそのカギとなるのは間宮由衣と同窓生であり江原の息子の江原敏郎と御子柴の担任であった澤陽子であった。

ロストジャッジメント Chapter 6「収束熱」 (1)

さらに黒川学園が調べると13年前に間宮由衣、赤池、澤先生が学生の時にいじめが原因で楠本充の飛び降りがあり30歳になった現在も昏睡状態が続いていることやその母親は事務次官で官僚でも力が大きく正義感の溢れる楠本玲子だった。

ロストジャッジメント Chapter 6「収束熱」 (2)

八神は澤先生に再び話を聞きに異人町へ向かうが異人町にはRKがうろついており不思議に思いながらも澤先生の元へ向かう。

八神は澤に江原と間宮由衣によるいアリバイ工作の可能性がありなぞのマスクの集団のことを伝え13年前にあった楠本充のいじめのことを聞き出そうとするも澤は職員会議でその場を去ってしまう。

そこにあらたな情報が源田法律事務所の星野から入ってきておりそれは13年前の楠本充へのいじめの加害者は川本信也という男でそれはRKが神室町で探している5年前で行方不明で殺されたらしい男だった。

川合と御子柴、いじめ加害者が殺されているという共通点があった。

5年前川合は行方不明になる直前昔の知り合いと思われる集団と押し問答があった後無理やり車に乗せられていることが城崎の調査でわかった。

あらためて職員会議が終わったころに澤先生へ話を聞こうとしていた八神だったが澤先生は自宅に空き巣が入ったと連絡を受け1時間ほど前に帰っており嫌な予感がした八神は急いで澤先生の自宅へ向かった。

澤の自宅前に着いた八神だったがそこには異人町の便利屋桑名がおり

外にはRKのリーダーの相馬の姿もあった

ロストジャッジメント Chapter 6「収束熱」 (2)

一体澤陽子と桑名にどんな繋がりがあるのか…

・間宮由衣、赤池、澤と同級生川合信也によるいじめが原因で飛び降りたのいは楠本充。

・楠本充は正義感あふれる事務次官の楠本玲子の息子

・楠本充は13年たった今でも意識不明。

・御子柴といじめ加害者という共通点がある川合信也は5年前行方不明になる直前昔の知り合いと思われる男女と言い合いした後に車に無理やり乗せられ誘拐された。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
応援よろしく!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA