ゲーム本編ストーリーネタバレ

「ネタバレあり」ロストジャッジメントのストーリー結末を振り返る+感想

物語の核を完全解説!

物語の詳細は前ページから紹介しています!

ここでは物語の核をサクッと紹介していきます

事件の始まり

 

事件の始まりは異人町で見つかった御子柴弘の死体。

そして現役警官の江原明弘は痴漢事件を起こした裁判中に横浜異人町で見つかった身元不明な死体が「御子柴弘」であることを言い当てた。
御子柴殺害を匂わせていた江原は御子柴が殺害された時には痴漢を働き拘束されていたためアリバイが成立していた。

江原のトリックと目的

江原は異人町の便利屋桑名と黒川学園の卒業生たちとグルになって痴漢事件起こしアリバイ偽江原である桑名と入れ替わることで御子柴を殺害し東京に来るための時間を調整した。

江原の目的は息子をいじめで自殺に追い込んだ御子柴への復讐とそのいじめはなかったと判決をだした法への侮辱であった。

桑名の正体と目的

桑名の正体は黒川学園の元国語教師であり楠本充が川合と他数人の生徒によるいじめで飛び降りた責任として教師を追われた。

その後はいじめ動画で川合以外の生徒を脅し川合殺害や江原の御子柴殺しに加担させていた。

桑名の目的はいじめ加害者への制裁であり全国で7人殺害している。

裏切られたにも関わらず楠本充の母である楠本玲子のことを最後まで気にかけていた。

相馬の正体

ロストジャッジメント Chapter 6「収束熱」 (2)

神室町の半グレグループRKのリーダーの相馬の正体は

警視庁公安課の潜入捜査官だった。

公安は東城会解散後のヤクザたちを地下に潜らせるのではなく受け皿としてRKを作らせある程度管理しやすくするために相馬をリーダーに置いていた。

事件の黒幕

 

相馬を操っていたのは公安課調整官の坂東であり

坂東の目的は楠本玲子の川合殺害の証拠を掴み官僚でも大きな力を持つ楠本玲子を裏から操り国民の年金160兆円を経済回復の博打に使う事だった。

本編はこちらから

Chapter 1「群れの裏切り者

ストーリー感想

まずはこの記事を見てくれた方お疲れ様でした!

ストーリーどうでしたか?

自分は楽しすぎて辞め時が分からずあっという間に終わってしまった印象です。

前作「ジャッジアイズ」に引き続きリーガルサスペンスドラマのように物語が進んでいき難易度も簡単にすれば結構サクサク勧められたのでゲームをあまりしないサスペンス好きの友人にも進めてみたのですが結構ハマってました(笑)

友人はストーリーを進める中で話の中に色んなヒントがあるので八神と一緒に推理していくという楽しみ方をしていたようです。

こじき侍
こじき侍
なかなか良い楽しみかたやんけ

ちなみに同じスタジオが製作している龍が如くシリーズの主人公である「桐生一馬」は自分で推理はすることはありません(笑)

「どういうことだ」

「なにがどうなってやがる」

「なんだと?」

「どういう意味だ?」

と相手に聞いて納得できなかったら「うるせぇ!!」とぶん殴ります。

いい人なんですけどね。法には頼らず拳で解決します(笑)

龍が如くも面白いでの是非プレイしてみて下さい

オススメは龍が如く0

 

 

話がずれてしまいました

ロストジャッジメントのトレーラーを見た段階からめっちゃ期待していましたしアリバイが証明された完全犯罪を紐解いていく展開にはわくわくしました。

今回のテーマが「いじめ」ということで「ゲームにして大丈夫かな」と心配もしました。が想像以上にうまくまとめてくれたと思います。

前作の悪役は殺し屋のモグラとそれを操る人体実験青目ガンギマリマンだったので悪VS正義という構図だったので今回のいじめから生まれた歪んでいるものの間違っているとは言えない正義を持つ桑名と法の正義を持つ八神がぶつかっていくシーンは悲しくもありますが少年漫画のような展開で熱くなりました。

桑名は生存して終わったので是非とも次回作で出演して八神を助けるポジションで来てほしいです(次回作も来るかわからんけど)

そして敵の相馬はめっちゃいいキャラクターでしたね

知性と怪しさが滲み出ていたキャラクターですがとにかくバックがすきなんですよね(笑)

下ネタじゃないですよ

ほらこんなに

「だから俺が御子柴を殺すしかなかった」 ロストジャッジメント Chapter 8「異人町の怪物」 (1) ロストジャッジメント Chapter 12「モグラ」

バック好きなんですよね

でもこの赤池を殺害するシーンはめっちゃ怖かったです

ロストジャッジメント

赤池に忍び寄るわけでもなく後ろからスタスタあるいて躊躇なくスパっと切った所
これ怖くなかったですか?赤池の方見てない…

ロストジャッジメント

切る時も赤池をみていない…
殺す相手をまったく見ていない

個人的にめっちゃ怖かったです。

前作のモグラも良かったですが相馬のキャラクターは最高に狂気って感じでドストライクな敵でしたわ。

こじき侍
こじき侍
マジ怖え

八神については今回もかっこよかったですね!

ムービーのアクションシーンはどれも最高でした!

でも澤先生が殺害されてからは何かと「澤先生!」「澤先生の犠牲」「澤先生の~」って感じで澤先生連呼しすぎ感はいなめなかったですね

「どんだけいうねん!!!」って言いたくなる桑名にも「くどい!!!」で起こられてましたし

確かに澤先生が犠牲になったのは悲しかったけどあの八神の叫びをトレーラーで見た時は杉浦か源田さんか城崎さおりさんが死んでしまったのかと思ってました。

ちなみに前作では八神の元同僚の●●さんが死んでしまった時はこんなに言ってもらえませんでしたね…本当にあの人のこと好きじゃなかったのかな…

後は最後のラストシーンをもっと語って欲しかった!!!

間宮由衣とかどういう処遇になったのかとかその他もろもろが気になりました!

まぁなんやかんや言いましたが個人的にはめっちゃ神ゲー!!!!

こじき侍
こじき侍
次回作出してくれぇ!!!

最後に

いやー本当に面白かったですね

次回作出てくれないかなー

ちなみにゲームプレイのプレイ感想はこちらで紹介しています

「プレイ感想評価(ネタバレなし)」ロストジャッジメントのストーリーは神ゲーだが〇〇が面倒な印象...「プレイ感想評価(ネタバレなし)」ロストジャッジメントプレイ感想記事です。...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
応援よろしく!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA