ゲーム本編ストーリーネタバレ

「ネタバレあり」ロストジャッジメントのストーリー結末を振り返る+感想

Chapter 4 「Red Knife」

八神は御子柴の死体が発見された廃ビルに何か手掛かりが残っていないか探るため廃ビルに潜入したがそこに神奈川県警捜査一課の渡辺、桜井と鉢合わせる。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

神奈川県警は御子柴殺しの件で江原に接触しようとするが警視庁がストップをかけたことや江原の事件解決の手柄を求めて神奈川県警と警視庁でいがみ合っていることを教えられる。

八神は渡辺と情報交換をし御子柴が死ぬ直前の写真と謎のサングラスの女性の存在を渡辺に教えたところその仕事ぶりをみた渡辺は八神に協力を持ち掛ける。

渡辺によれば御子柴は朝食を食べ家をでてすぐに拉致され殺害されたという。また御子柴拉致は複数人の犯行である可能性が高く殺されるまでに指を全て折られていたとのことだった。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

すると男が3人廃ビルを除いているのを発見し八神がその人間を捕まえると事件の見物にきた野次馬だという東京の黒川学園出身の30歳の赤池という人物とその同級生だった。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

特に事件性がないとされた赤池達はすぐに解放された。

八神は城崎に電話をすると城崎と同じく源田法律事務所に所属する若手弁護士の星野が江原の痴漢事件が起こった現場を調査の同行を八神に要請する。

八神と星野が江原が電車に乗り込んだ池袋駅と新宿駅を調査した。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife
江原の痴漢事件

江原は1時間以上池袋駅で痴漢するターゲット女性の間宮結衣を物色しターゲットの間宮結衣のすぐ後ろに乗車し電車内で痴漢を働き間宮由衣がその手を掴むと新宿駅にで降りホームを走り逃げようとした。

痴漢された間宮結衣は周りに助けを呼びながら江原を追いかけ江原は周りの乗客に拘束され現行犯で逮捕されて手からも微物検査で証拠も上がっておりでてきた証拠はすべて江原が痴漢を働いていることが証明していた

八神はと星野は新宿駅のホームにある監視カメラを調べると僅かではあるがカメラの死角があることが分かる。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

八神は澤先生の元に向かい江原敏郎について問い詰めると澤は涙ながらに真実を語りだした

澤先生と江原敏郎

澤先生によれば4年前誠稜高校転任してきてある日屋上で休んでいると御子柴にいじめられにげてきた江原敏郎に出会う。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

江原敏郎は御子柴にいじめを受け暴力や金銭を奪われていることを澤先生に教えた。

これを聞いた澤先生は江原敏郎の担任に伝えたが「3年で学校から騒ぎたてることはない」といじめをもみ消した。江原敏郎は3学期が始まる前に首をつり自殺した。

いじめの件に第3者委員会が介入し匿名でのアンケートが実施するもその担任がいじめがあったというアンケートを握り潰し「いじめはなかった」とゴリ押し第3者委員会も「いじめがなかった」という答えを出してしまっていた。

江原明弘は江原敏郎のいじめの件で誠稜高校を訴え裁判を起こし澤先生もその場でいじめがあったと証言しようするも江原敏郎の担任や弁護士は澤先生がいくら証言しても証拠がなく「証拠がないなら御子柴の名前を出すべきではない」と言い澤先生に「いじめはなかった」と証言させていた。

澤先生は自分が学生の時にもいじめが原因で同級生の「充君」が飛び降り13年たった今でも目を覚ましておらずその時の担任も教師を追われたのだいう。

澤先生はその使命感かた江原敏郎を救いたかった思いを八神に涙ながらに打ち明ける。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

八神が九十九の事務所に戻るとそこには海藤や杉浦、九十九の他に桑名がおり事件について話そうとすると事務所内に「横浜流氓(はんぴんりゅうまん)」の白面が襲撃にくる。

八神はその後を追うがそこに「横浜流氓(はんぴんりゅうまん)」の支部長の鉄爪が襲い掛かってくる。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

その場に駆け付けた海藤や桑名の助けもあってその場から逃げ九十九の事務所に戻ると「横浜流氓(はんぴんりゅうまん)」とは違うマスクをした謎の集団が杉浦と九十九を襲い八神に「この件に関わるな」と伝言を残していた。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

八神はこのマスクの集団が御子柴殺しの実行犯と考えこの集団を追うこと決心する。

一夜明け八神は城崎が設けた江原との謁見をするため海藤とともに神室町に向かう。

神室町に着くと東城会解散後に元ヤクザやチンピラを吸収している半グレグループの「RK」の最高幹部である阿久津大夢と出会う。

阿久津は5年前に失踪したガールズバーのマネージャーを探す仕事をRKのリーダーである元東城会系の相馬が請け負ってきたと言い阿久津は「おれらの邪魔はするなよ」と遠回りに警告しその場を去る。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

八神は城崎と合流し東京拘置所の江原の元へ向かう。

八神は江原に御子柴の件や澤先生に接触したサングラスの女性、マスクの集団をどうやって動かしたかについて問い詰めるが江原は「何も知らない」とはぐらかし接見は終わってしまう。

八神が事務所に帰るとネットにはある動画が公開されていた。

その内容は

江原が御子柴の喉を掻き切っている映像だった。

ロストジャッジメント Chapter 4 「Red Knife

江原は痴漢を働いているため御子柴の殺害が不可能でありこの映像か痴漢のどちらかがフェイクということになる。

・江原は1時間以上駅のホームで痴漢対象を物色していた。

・江原が逃げる際、被害者の間宮由衣もすぐ後ろを追いかけていた。

・澤先生は学生のころに同級生がいじめをうけていた。

・マスクをした謎の集団の襲撃。

・半グレグループ「RK」がガールズバーの男を探している。

・江原の御子柴殺しの動画が公開されるも合成の痕跡は見当たらない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
応援よろしく!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA