ゲーム本編ストーリーネタバレ

「ネタバレあり」ロストジャッジメントのストーリー結末を振り返る+感想

Chapter 9「虚仮の一念」

事件内容を振り返りつつ間宮由衣からの話からわかったことは

・江原の替え玉の正体は桑名だった。

・口元は3Dマスクで隠しつなぎ目はマスクで隠していた。

・改札を通った電子カードは桑名が通った後に入れ替わる際に江原に渡していた。

・江原はやはり監視カメラの死角で入れ替わり工作を行っていた。

・江原の御子柴殺害動画を公開したのは桑名。

・江原と桑名の目的は「法をあざ笑ってやること」

・微物検査の件は偽江原(桑名)の痴漢のふりの前に本物の江原が触った下着を穿くことで微物検査をクリアしていた。

八神は江原が「痴漢事件」に関しては冤罪だということがわかったので江原に再び話を聞きに行き控訴の準備を進めようとする。

城崎と八神は江原の拘置所へ訪れ御子柴殺しのための痴漢事件の冤罪とアリバイ工作の仕組みを問い詰めた。

桑名が澤先生がいじめ相談をした電話を録音していたものを聞かされ江原は御子柴の敏郎へのいじめを確信したのだという。

そして江原は法への強い怒りをあらわにし敏郎の死への悔しい思いを語りだす。

江原は控訴自体は好きにすればいいと言い裁判で御子柴殺しを認める気がないと言い江原は御子柴殺しを自白する。

ロストジャッジメント Chapter 9「虚仮の一念」

控訴をしても一度下した「江原は痴漢で有罪である」という事実をひっくり返さなければならず法廷はまんまと犯罪者に騙されたという事実を認めたくないので動画がフェイクであると決めつけてしまう。

つまり動画が加工なしの本物であるという証拠がない限り痴漢が有罪で御子柴殺しでは実行犯おちう証拠にはならないという結果になる。

江原が御子柴を殺害したことがはっきりしたので証拠を探しを始める。

ひと段落したところで八神は九十九からの連絡で異人町でRKが増え続けていると聞き異人町へ戻る。

異人町へもどった八神はRKがなぜ川合信也を探していたのに今はしつこく桑名を探してるのかを追えば澤先生がなぜ殺害されなければならなかったのかわかると考えた。

八神はいじめられた結果飛び降りをして現在を意識不明の楠本充の親である事務次官の楠本玲子が過去に川合信也殺害を桑名と共に実行し事情を知る桑名をを使って消そうとしているのではないかと考えた。

ふとテレビをつけると澤先生殺害についてニュースが入ってきた。

しかしそこで指名手配されていたのはRKの相馬ではなくなぜか桑名こと喜多方悠だった。

ロストジャッジメント Chapter 9「虚仮の一念」

八神は神奈川県警の渡辺刑事にどういうことかを問い詰める。

渡辺は監視カメラに映っていたのは桑名だけでその場にいたRKのメンバーや八神がいた映像は消去されており上層部が何かを隠そうとしている。という
そして桑名は大きな力に目を付けられ警察にも狙われ消されるだろうと言い桑名を指名手配に動いたのは日本の諜報部門「公安」である可能性が高いと八神に言った。

ロストジャッジメント Chapter 9「虚仮の一念」

公安はRKの犯罪者ネットワークを監視することである程度犯罪者の動向を監視しやすくなるのでRKを潰させないために澤先生殺害の件を隠したかもしれない。

つまり公安はRKの身代わりに桑名を犯人に仕立て上げ桑名を消してしまえば「死人に口なし」で問題を闇に葬れる。

「横浜流氓(はんぴんりゅうまん)」のところに桑名がいるという情報を掴んだ八神は「横浜流氓(はんぴんりゅうまん)」の鉄爪のもとへ向かう。

そこには桑名もおり八神は桑名がRKと公安から追われていることやそれが楠本玲子の口封じのための指示によるものかもしれないと伝えた。

桑名「俺は確かに楠本玲子に川合殺害をもちかけその際に間宮由衣や赤池らと繋がっていることをしっている。もし本当に楠本玲子が黒幕なら彼らの方を先に狙うだろう。間宮達には公安は向かっていないことを考えると黒幕は楠本玲子ではない

ロストジャッジメント Chapter 9「虚仮の一念」

そして川合は楠本玲子の手で直接殺害されていたということが桑名の口から語られた。

ロストジャッジメント Chapter 9「虚仮の一念」

八神の推理

・何者かが裏から楠本玲子を操る弱みを探していた。

・御子柴殺害事件でおなじいじめが原因で飛び降りた子を持つ楠本玲子。

・過去に楠本充をいじめていた川合は行方不明。

・桑名が行っていたいじめ加害者への制裁の件で何者かは楠本玲子も復讐に加担していたと考えた。

・何かあると踏んだ何者かはRKを使い川合の行方を追う。

・江原と楠本玲子の事件の共通点はにいるのは「澤先生」。

・RKは澤先生から桑名の名前を聞き出し知りすぎてしまった澤先生はRKの相馬に殺害された。

楠本玲子は公安に狙われている立場でありその弱みが桑名だった。

八神と桑名は動いているのは公安なのかを確かめるために桑名が楠本玲子に電話をかけ電話を逆探知されて通話している場所に敵が来ればそんなことできるのは公安だけだという罠を仕掛ける。

桑名は楠本玲子に電話をかけ楠本玲子に何者かに狙われていることを忠告するとRKが通話の罠を仕掛けた場所へ向かってきた。これで楠本玲子のスマホが盗聴されておりまた逆探知をできるほどの組織「公安」が関わっていることがハッキリする。

一方楠本玲子の元へ警察庁公安課の「調整官」の坂東といいう人物が訪れ楠本玲子に川合の行方の件をぶつけて動揺を誘う。

ロストジャッジメント Chapter 9「虚仮の一念」

・江原の痴漢はやはり入れ替わりトリックをつかったもの

・偽江原の正体は桑名

・澤先生殺害の容疑者として手配されたのはなぜか桑名

・事務次官楠本玲子は桑名と一緒に川合を直接殺害している

・楠本玲子は黒幕ではなく黒幕に狙われている立場。

・桑名を追っているのはRKと公安。そして黒幕もいる

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
応援よろしく!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA