ゲーム本編ストーリーネタバレ

「ネタバレあり」ロストジャッジメントのストーリー結末を振り返る+感想

Chapter 2 「殺された加害者」

八神は理事長の奥田から御子柴が失踪前日まで様子に変わりないことや4年前の御子柴弘による江原敏郎へのいじめがあったかの裁判では「いじめの存在を確認できなかった」という判決になっていることを知る。

御子柴と江原敏郎の元担任であり御子柴の教育実習では担当を務めていた澤洋子に話を聞きに御子柴の実習中の様子を聞くと「優秀で後輩たちにも好かれている」と答えたが校内の生徒からは澤が御子柴が行った江原敏郎へのいじめがあったことを問い詰めていたということを知る。

ロストジャッジメント Chapter 2 「殺された加害者」

八神は再び澤のデスクに向かうが澤は不在でデスクには誠稜高校ではない高校生の澤の写真と江原敏郎の写真立てが置かれていた。

・御子柴は4年前に同級生をいじめに追いやった罪を免れ教師陣も承知している様子がある。

澤陽子は御子柴と江原敏郎の元担任で御子柴によるいじめを問い詰めていた。

・しかし江原敏郎のいじめの裁判では「いじめは存在しなかった」という判決が出た。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
応援よろしく!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA