ゲーム本編ストーリーネタバレ

「ネタバレあり」ロストジャッジメントのストーリー結末を振り返る+感想

Chapter 3 「探偵VS便利屋」

八神は再び澤に御子柴殺しは江原明弘が関わっていると伝え御子柴の話を聞き出そうとすると澤が夜にカフェで話すといいその場を去っていった。

八神は夜に澤から指定されたカフェに向かうと白い面をかぶった謎の集団に襲われる。

ロストジャッジメント Chapter 3 「探偵VS便利屋」 (1)

すると店内から異人町の便利屋「桑名仁」が現れ八神に加勢し白い面の集団を追う払った。

ロストジャッジメント Chapter 3 「探偵VS便利屋」 (2)

八神が澤の元に向かうと澤は「話せることはない」と言いサングラスをかけた謎の女性が澤に痛めつけられたの御子柴の写真を渡していた。

ロストジャッジメント Chapter 3 「探偵VS便利屋」 (3)

謎の女性は澤に「この件にはかかわるな、八神にも伝えろ」と言い残してその場を去ったという。

八神は謎の女性が御子柴殺害の実行犯の一味だと考え桑名からは白い面の奴らは異人町の中華ギャングで「横浜流氓(はんぴんりゅうまん)」の白面という金さえあれば匿名でどんな依頼も遂行するやつらだと聞かされる。

九十九の事務所に帰った八神は横浜流氓(はんぴんりゅうまん)を雇った人間と謎のサングラス女性の目的は澤先生の口を封じることだと考えていた。

・事件を探ろうとした八神には白面が襲い掛かり御子柴の何かを知る澤は口を閉ざすように脅された。

・異人町の便利屋「桑名仁」の存在。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
応援よろしく!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA