MENU
previous arrow
next arrow
Slider
ゲームプレイ感想

「プレイ感想評価(ネタバレなし)」ロストジャッジメントのストーリーは神ゲーだが〇〇が面倒な印象…

「プレイ感想評価」ロストジャッジメントのストーリーは神ゲーだがロボットが面倒…

こじき侍
こじき侍
ロストジャッジメントをクリアしたぞ!!!
こじき侍
こじき侍
そこでプレイ感想や気になった所を紹介していこう!

ロストジャッジメントは面白かったのか 結論!!!

ゲーム評価としては

めっさおもろいやんけ!!!!

バトルも最高です!しかし本編以外では気になる所も少し….

といった印象です。

どこが良くてどこが気になったのかを紹介していきます!

ちなみに序盤を1時間でプレイしてみたのでゲームの雰囲気はこちらからわかるかと思います

前作プレイしていなくても大丈夫?

前作「ジャッジアイズ 死神の遺言」もストーリーにかなり力が入っていたので前作を未プレイの方には是非プレイしてほしい所です!!

現在は2000円しないくらいの価格で購入が可能です

ストーリー的には前作をやっていなくても理解はできますがキャラクターの関係性なんかは前作で描かれていますので前作をプレイしていることで今作を120%で楽しめます!

ゲーム本編は骨太でくっそおもろい

最初にストーリーの序盤

2021年12月、東京地方裁判所。

源田法律事務所の城崎さおりは、現役警察官・江原明弘(53歳)の弁護人を担当していた。

江原は電車内で痴漢を働いたあげく、周囲に取り押さえられ激高する映像が何度もメディアで取り上げられていた。

おかげで彼に厳罰を求める世論の声は大きい。

そして、“公正な審理”により有罪判決がくだされたまさにその時――

突然、被告人席の江原が裁判官の言葉を遮るように立ち上がってこう言った。

「3日前に、横浜の廃ビルから死体が出てきたはずです。もう身元はわかりましたか?」

意味不明の発言に戸惑う法廷。すると、江原は続けて言う。

「では、どうか神奈川県警に知らせてあげてください。その死体の主は御子柴弘といいます。彼は4年前……私の息子を自殺に追いやった……万死に値する人間です」

江原の言葉に嘘はなかった。

事実、伊勢佐木異人町の廃ビルから、御子柴弘の無残な他殺体が発見されていたのである。

ただし、その死亡推定時刻は、ちょうど江原が痴漢を働いていた時間帯であった。

裁判所が公正な審理の結果、痴漢によって有罪判決を下した事で江原は自分が御子柴が殺される事を知っていたか、殺した黒幕である事を匂わせながらその時間のアリバイを完璧に証明してみせたのだ。

有罪判決と言う裁判所の認定は鉄壁のアリバイで、痴漢はそのため茶番だとしたら法を軽んじた重大な挑戦だった。単なる痴漢として裁かれた江原について何か見落としがあると踏んださおりは探偵・八神に調査を依頼する。

前作「ジャッジアイズ 死神の遺言」同様に本作もストーリーにかなり力が入っておりかなり面白かったです!

本作では「いじめ」が重要なキーワードになっており扱うのが難しそうで「賛否両論がありそうなだな、大丈夫か?」と心配したりもしましたし、本編にもやはり胸糞なシーンもあるのですが謎の多い序盤から「痴漢事件」と「殺人事件」の2つの事件の繋がりを追ううちにどんどん闇が浮き彫りになって、どうなっていくのかが気になりすぎて辞め時が分からずいい年のおっさんが7時間ぶっ続けでプレイしてしまいました。

江原の仕掛けた完全犯罪の真実がどんどんわかっていくときはめっちゃ面白かったです

こじき侍
こじき侍
次の日の仕事は目が真っ赤だったわ

序盤には難しいですがある程度進んで事件の全体像が分かってくると自分でも推理して動機やどうなっていくのかを考えながらプレイしても楽しかったです。

ミステリー映画やサスペンスアクションの映画やゲームが好きな方にはめちゃんこにオススメです!!!

ストーリーの全編とネタバレと詳しい感想に関しては別記事で書こうと思います。

龍が如く6では「もう無理かなー」とも思っていたんですがジャッジアイズ、龍が如く7とストーリー神ゲーが続いていますのでこの調子でまた新作も期待したいところです。

サムネ龍が如くとこじき侍
[PS4](ネタばれなし)「龍が如く7光と闇の行方」評価は?気になる所を紹介![PS4]「龍が如く7光と闇の行方」評価やプレイ感想、ゲームシステムなどをネタバレなしで紹介していく記事です。...

やっぱりバトルも面白い!!

ストーリーも神だったんですがやっぱりバトルも面白いですね!

八神はカンフーを使用して戦うのですが同じ龍が如くスタジオの作品の主人公である桐生は「力!!!」って感じですが八神は「技!!!」といった印象の戦い方で攻撃方法にもしっかり型のようなものがあったりスタイリッシュで爽快感爆発な動きが多いので操作していてかなり楽しかったです。

こじき侍
こじき侍
Exアクションもかっこいい!!!

前作の多人数戦用の閃舞、タイマン向けの一閃、の他にも今回から相手の力を受け流して戦う流(ながれ)が出たんですがこれがめちゃくちゃ強い

相手の攻撃を受けな流せるし敵の武装解除も簡単にできるしで武器持ちの敵が多くても対処が簡単でボス戦でもかなり使っていました!

難易度はvery easy、easy,nomal,hardの4種類あり難易度をeasyにしていれば□と△を適当に押していてもかっこいい動きになるし勝てちゃうのでアクションゲーム初心者でもゲームクリアは簡単だと思います。

もちろん慣れている方は難易度ノーマルやハードでプレイをオススメします

自分はノーマルでプレイしましたが歯ごたえがあってボス戦などは結構苦労するところもありました。

こじき侍
こじき侍
1度死んでからは回復アイテムを常に携帯してボス戦では焼肉弁当や高級すしを爆食いする八神さんになりながらゲームを進めてたわ

マップが広いのに移動が楽しい!!

本作の舞台の一つである「横浜 伊勢佐木異人町」は「龍が如く7」でも舞台になりましたがめっちゃ広いんです。

多分今までの神室町、蒼天堀、錦栄町、ススキノ、オノミチく比べてもい版広いです。

タクシーがあるとは言えその広さを徒歩で歩くのはだるいなーと思っていたら途中でスケボーが手に入り世界がかわりました。

移動速度はもちろん人をすりぬけていく爽快感やジャンプしたりコインを集めたりもできたので移動がそこまで苦痛ではなかったです。

一つ文句をいうなら歩道ではスケボーが使えないんですよね

八神さんは法を守るのでスケボーの利用は車道のみになったのが少し残念でしたね…

ユースドラマのミニゲームは面倒?

本作の目玉の一つであるユースドラマ

八神が誠稜高校に潜入したことでそこの高校生や色んな部活に関わり様々なミニゲームやストーリーが展開されていくモード。

このミニゲームなんですがリズムゲームだったり頭を使うゲームだったりでミニゲームの種類も多いのに一つのミニゲームだけで結構なやりこみ要素が用意されているのでかなりのボリュームがあります。

しかしながら本編が爽快感のあるアクションなだけあってユースドラマのミニゲームが面倒くさいと感じるプレイヤーも多かったようです。

自分は面倒には感じなかったのですが脳筋なので頭を使うゲームで負け続けて萎えてしまいそうになった場面もありました。

しかもこのミニゲームは難易度あるものもあれば救済がないものもあるのでユースドラマのストーリーが面白いだけにストーリーをサクサク見たい方には少し面倒になってしまいもったいないなと思ってしまいました…

アクションゲームのつもりで買ったから頭使う系やリズムが苦手な方もいると思うので救済処置をアプデでいれてほしいですね…

こじき侍
こじき侍
ちなみに自分が一番好きなミニゲームはボクシングだったわ

あとユースドラマのヒロイン的存在の天沢ちゃんがぽんこつっぽくてかわいかったです

誠稜高校 校外

音楽が神!!!

前作ジャッジアイズではアレクサンドロスが歌う「アルペジオ」が起用されていました。

この曲はかっこよくてスタイリッシュな雰囲気が見事にゲームに合っていて好評でした。

自分もダウンロードで買ってしまいました!

購入はこちら↓


アルペジオ

本作「ロストジャッジメント」では「うっせぇわ」で有名なAdoさんとjon-YAKITORY(ジョンヤキトリ)さんの新曲「螺旋」が起用されていますがこれまためっちゃかっこいいんです !

ゲーム内の重要なキーワードである「いじめ」と深く関わる歌詞と歌になっていて

復讐と怒りといろんなものが詰め込まれた不思議な曲になっています

自分はこの曲が公開されてすぐに気に入ってゲームをクリアした現在も何だったらこれを書いている時も聞いていました!!

聞いたことない方は是非聞いてほしい!!!

購入はこちら↓


蝸旋 (feat. Ado)

 

その他感想

探偵アクションとサブストーリー

前作から続く尾行や手がかりを探さす探偵アクションですが本作では某アサシンのようなよじ登りアクションや集音機や電波を拾う機械などを使うものも追加されていてこれがくそ楽しかったです。

おしむらくはこの探偵尾アクションのほとんどがサブストーリーが多かったことですね

サブストーリーはサブストーリーで笑えたり続きものがあったりでめっちゃ楽しかったんですがメインストーリーにもう少し探偵アクションを入れてほしかったなぁと思いました。

こじき侍
こじき侍
サブストーリーはサブストーリーで楽しかったわ!

PS5版での思ったこと

PS5版では1つきになることがありましてそれは

こじき侍
こじき侍
デュアルセンス(ps5のコントローラー)を活かせていない!!!!

デュアルセンスの細かい振動機能やトリガーの強弱の抵抗なんかがなかったです…

PS4版も発売しているのでそっちに合わせているのはわかるのですが他のゲームはps5だと振動の違いやトリガーの抵抗なんかもあったのでもう少し何か欲しかった印象でした

しかしながら何もなかったわけではなくps5版には「超解像度モード」が搭載されているのですがこれをあえて通常モードに変更してプレイすると

ローションの如くめっちゃヌルヌルの60FPSプレイができます。

超解像度モードと通常モードではでそこまで画質に違いを感じなかったしヌルヌルプレイできる分通常モードでのプレイがオススメだと感じました。

またロードのストレスはまったくなかった印象です。

超ストレスフリー

まとめ

気になるポイントはちょこちょこあったがストーリーと演出でそんなもんどうでもいいと思うくらいにストーリーが良かった!!

ストーリー極太ゲームがしたいかたにはめっちゃ勧めたいゲームです!!

あと何度も言って申し訳ないんですがサスペンス、ミステリー好きの方はやりましょう

もうやってしまいましょう!!

本当にオススメ!!!!

おまけ


応援よろしく!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA